こだわり雑貨

ricoの定番

STUDIO M'
studiom土鍋 STUDIO M'

作家さんものを中心に!と決めていたのですが、どうしても置きたかったメーカーさん だったので、作家さんのものとかぶらない様に取り扱うことにしました。
チープにならない、今の食生活にもお洒落にマッチすると考え、ricoでは作家さん物と肩を並べて置かせていただいています。愛知県の瀬戸市から・・

濱文様
手ぬぐい てぬぐいのことなら『濱文様』

ある日お客様が「手ぬぐいは無いのですか?」と、お尋ねくださった。それから作家さん、 メーカーさん探し、価格も手ごろ、アイテムも多い、ところ。と行き着いたのがここ。
何よりも柄が気に入ったこと、また横浜で造られている手ぬぐいは珍しい。
しかし捺染技術は横浜はお手の物だそうで、ハンカチ、スカーフなどの染めは横浜なんですって。

他にもいろいろ

プレゼントにお役立ち

カラフルなマスキングテープやクラフトテープ。

マスキングテープ クラフトテープ
フェルト小物
フェルトボール

作家紹介

陶器

Rita 植木鉢
atelier rita atelier *Rita*

植物を育てるのが好きなRitaさん、ある日植木鉢を探していたのですが、気に入ったものが無い!なら自分で作ろう!・・と誕生しました。
模様付けにも工夫がこらされていたり、水切りの穴がハートになっていたり、丁寧で、こだわりの作品になっています。別売でマットも手編みで色合わせしていただけるようにご用意させていただいています。

櫻山窯(おうざんがま)
櫻山窯

ricoの町家が雑誌に写真取材を受けその時の写真に櫻山窯さんの一輪挿しが・・それをご覧になったご縁から、展示即売をしていただきそのまま定番として置かせていただいています。手ごろな価格で良い物、そして普段使いできる器が並んでいます。
櫻山窯 ふだん使いの器展

櫻山窯 櫻山窯
陶工房Mole

ricoにある陶器の器としては、異彩を放っている作品です。少しエスニックな感じの模様、色合い。大振りの飯椀。上賀茂神社の手作り市などにもだされています。
ricoが最初に目を引かれたのが猫用の餌器。これは最初はご自宅の猫さんの為に考えられたそうです。微妙に傾斜していたり、深さの計算がされていたり、勿論人が使っても申し分ないものです。

陶工房Mole 陶工房Mole

Bag

kesakuu 帆布

鎌倉在住の作家さんです。ご自身が縫い物、布、好きとあってこだわりのあるバッグがならんでいます。デザインもシンプルで年齢、性別を問わずに使っていただけるものが多いです。麻素材、蝋引き帆布の色合いも、作家さんのセンスが伺えます。
2008年の個展でお会いして、判りました。生き方も着る物も、お洒落で、だからこのバッグなんだ・・と。

kesakuu kesakuu
karma kobeのバッグ
KARMA

神戸三宮にある手作りのバッグ屋さんです。
お店に入ると、いつもミシンの音が響いています。(その雰囲気が好き)
革と布を使った作品は革(ドイツ・イタリアetc)布(リバティープリント・フィードサック・バティックetc)そしてリボンや細かいディテェールまでこだわって、作っていらっしゃいます。

karma karma

小物

Leather Works Tara 革
レザークリエーター 中島由佳梨さん

karumaさんのご紹介で出会わせていただいた、若い作家さんです。
しっかりした縫製でキーホルダー・ストラップ・ポーチなどを置かせていただいています。
実はずっと前に偶然karmaさんでTaraさんのキーホルダーを購入してそれ以来のファンなのです。革は国産の自然素材でなめした、革を使って丁寧に縫製されています。

karma karma
ち江す 染バッグ ブックカバー
ち江す

ずっと着物の染色をされていた実績があります。バッグ・ブックカバー・ポーチを置かせていただいてます。
ろうけつ染めの手法で白地から絵柄まで全て手作業で仕上げられています。和風の中にちりばめられた洋のテイスト。そして物語がある絵柄になっています。
百万遍、東寺などの手作り市にも出しておられます。ricoとの出会いは名古屋のクリエーターズマーッケットです。

ち江す ち江す

アクセサリー

岡本さん とんぼ玉

ricoの作家さんの中では一番のお姉さんです。ネックレス、根付、を置かせていただいています。
大切に、丁寧に作られています。ご自宅で高火力のバーナーを使ってガラスを溶かして「夏は汗が凄くて・・大変です」っと涼しげにおっしゃったのが印象的な方です。前向きで研究熱心で、一つ一つのトンボ玉にその力が込め られているようです。
2008個展をさせていただいています。
トンボ玉・ガラス展

とんぼ玉 とんぼ玉
Picot ブローチ
picot

布を中心とした作家さんですが、ricoではアンティークの素材を使ったブローチを置かせていただいています。
小さなビーズやチャームにも作家さんの思いがあります。その証拠にブローチ」には題名が付いています。

コヨーテ新商品入荷のお知らせはこちら